FC2ブログ
一度しかない人生を彩り、実りあるものにするために、必要不可欠な存在、S心を満たしてくれるM女性を探し求めるS男のブログです。 M女性…その存在は私の隠された心の扉を開く鍵なのです…。
2018/10«│ 2018/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:59:19
皆さんもご存じのように先日Apple創業者で前のCEOであったSteave Jobs氏が亡くなりました。

健康不安説は以前から取りざたされていましたのでいつかは…とは思っていましたが早すぎる死です。

私と同じ50代。

私のいとこと同じ世代と思うとより身近に思います。

私が初めてパソコンをいじったのが約20年前、Appleのコンピューターでした。

今は浮気性のためWindowsも使う2刀流ですが(^_^;)、今のパソコンライフがあるのもApple、Steve Jobsのおかげです。

彼の言動の中には共感する思いも多いです。

特にニュースでも流れたアメリカは名門、スタンフォード大学の卒業式でのスピーチが印象的です。

「今日が人生最後の日だとしたら、私は今日する予定のことをしたいと思うだろうか」

「最も重要なことは、自分の心と直感に従う勇気を持つことだ。心と直感は本当になりたい自分をどういうわけか既に知っている。その他すべてのことは二の次だ。」

にわかではなく常々思っていることを彼も感じていたということで非常に親近感を持ちました。

不貞行為をしているこの私ですが、上のような気持ちで生きているのは確かです。

毎日自分らしくよく生きる。

それは言葉でいうよりとても難しいことです。

お金も必要ですし、健康でもなければならない。

そのためのお金を得るために嫌な思いやストレスに耐えて働いているんだと思う。

何のために生きているのか…

彼の死を機会にいろいろ思うことが多かったです。

由奈に話したら「また語ってるー」と言われましたが(苦笑)

結局は「死ぬ時のために生きている」のかと。

Steve Jobsが死ぬときになんと語ったかは分かりませんが、きっと「良い人生だった」と言ったと思うんです。

彼がなくなって全世界の多くの人々が彼の死を悼み、業績をたたえている。

私もそうですが、彼のおかげで今があると思う人もいるし、人の気持ちの中で彼は彼の業績、生き様は記憶として後世に残るんです。

なんと素晴らしいこと。

大往生だったと思います。

わたしもレベルは天と地のほど差があると思いますが、「良い人生だった」と思いたいし、言いたい。

家族や関わった人々、特にそれこそ丸裸で、本音で付き合って来ている大事なM女や女性たちの記憶にいい意味で記憶のとどめてもらいたいと思うから関わっているのかもしれません。

不貞を肯定するつもりはありません。

ただ何も考えが無く不貞をしているのではないことだけは確かです。

「私を残したい」

形でなくても。

それが輸血だったり、子供を作りたいのとは違って(失礼)中出しに想いがあるのかもしれません。

50代になり、両親も80歳を超え入退院などに触れるといつかはもう終わりが来ると思うし、自分の人生も先の未来というより、残された時間をどう過ごすのか…と思ってしまう。

人間の一番怖いことは死だと言います。

良い死に様を迎えるためにも、いい生き様を重ねなければならないのだと思います。

彼が言うように「自分の心と直感に従って…」

私が関わって、関わった人が今までより少しでも幸せになってくれれば最高に幸せなことなんですね。

私は生きていて良かったと思えるから。

自分の生きざま、人生を振り返ったりするのは凋落してる証拠なのかも…(^_^;)

ついこないだまでは結婚披露宴でお嫁さんの父親に共感して涙していたけど(笑)今はお葬式の弔辞に涙している私。

残りの人生をどう生きるか…

時間は無駄にできないのです。

家内や家族はもちろん大事にし、責任を果たさねばなければなりません。

それは分かっているし、して来ているつもり。

2尾は追えないし、完全ではないにしろ…

10歳若い由奈に「自分(私)の死」という言葉を初めて使ったかもしれません。

平均余命を考えても彼女の方が長く生きるでしょう。

私が死んだことを将来彼女が知るかどうかそれは今は分かりません。

近くで知るのか遠くで知るのか、知ることもないのか…

でも彼女が死ぬ時、死んだであろう私のことを思って、少しでも付き合って、関わって良かったなと思ってくれれば私の人生は報われるし、良かったなということになります。

それが自分で知ることができない。(であろう)

それが残念ですけどね(^_^;)

時はどんどん流れている。

明日も前を向いて生きるしかないんです。





スポンサーサイト
[PR]

[PR]



コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://violetknight.blog.fc2.com/tb.php/1026-98bec487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。