FC2ブログ
一度しかない人生を彩り、実りあるものにするために、必要不可欠な存在、S心を満たしてくれるM女性を探し求めるS男のブログです。 M女性…その存在は私の隠された心の扉を開く鍵なのです…。
2020/03«│ 2020/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
00:28:21
SMパートナーとの付き合いもいろいろ。

プレイだけの関係もあれば、恋愛関係に至るまでの場合もある。

由奈は真由美以来の愛奴。

自分なりに愛情は注いでいる。

◎~~~~

2年半以上付き合ってきて思うイメージは…

雌犬(由奈)を広い野原に放し飼いにしている。

雌犬には遠い垣根は見えない、気が付いていないけど、飼い主がちゃんと囲っている。

お天気の良い日に放し飼い。

首輪のリードを離したら一目散にかけて行くような、躾のなっていない犬ではなく、飼い主様の顔を時々振り向き見ながら離れて行くような犬でなければね。(^-^)

◎~~~~

由奈もスキスキとはそう言わないタイプので、好きでいてくれるという確たる自信は無いけれど(爆)、「誰よりお前のことは知っている、理解している」という自負はある。

それだけは誰にも負けない。

ご主人さま、Sだしね。

Sの自負ってそんなところでは?と思う。

愛奴は見切らなければ…

由奈の生まれ育った街は訪れ、環境、家族も知っている。

だんなも知らない過去の思い出話も、恋愛も、過去の辛い経験も、辛い結婚生活も…

もちろんすべてを知っているわけではないけれど…

現時点では一番知っていると思っている。

知っていれば関わり方も分かるし、配慮もできる。

また癒すこともできるでしょう。

さらに…

由奈の身体、あそこの気持ちいいところも、アナルも(^-^)…知ってます。(^-^)

セックスの回数は分からない、でも深さというか、満足度は提供しているよなーと思う。

そう、淫乱雌犬の姿をも知っているのは私でしょう。

◎~~~~

由奈との付き合いはもちろん続きますが、転勤という大きな転機もあるし、この先どういう形でどれくらい続くのかはお互いさえ分からない。

ただ、ふと思うのは、由奈が死ぬ時「私を一番理解してくれている男」と思ってもらえる存在ではありたいと思っています。

それには年月をも積み重ねないとね。(^-^)









スポンサーサイト
[PR]



コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://violetknight.blog.fc2.com/tb.php/766-8b36a22d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)